ブログトップ | ログイン

島あるところに花くわわる~有島加花ブログ~

e0397681_21173828.jpg
フラダンスを通じて自然の美しさを再発見!
自然大好きフラダンス講師、有島加花です。

昨日の土曜初級フラダンスクラス。
初心者クラスでも、皆様に合ったカリキュラムで、
ストレッチ、ベーシック、メレ(曲)と進みます。

美味しいものをいっぱい頂いたのでしょうね、
お正月明けということもあり、
皆様の体の軸が、ちょっと気になり…(笑)
腹筋トレーニングもしました。

ストレッチも筋トレも色んなやり方がありますが、
本人がその筋肉を感じられる方法が一番効果的

腹筋は特に「感じない」という方も多いので(涙)
誰でも感じられる方法でやってみました。

う~ん、それでもなかなか難しい。
私の腹筋を触っていただくと…
「えっ?!かたーい!!」
「腹筋ってこんなに硬くなるものなの?」
っという驚きの表情がうれしかったです(^^♪

腹筋背筋がない人の特徴は、
何をやってもすぐ脚や膝ばかり痛くなります。

上半身を支える必要な筋力が足りないから、
足腰ばかりに頼ってしまうからですね。

どんな踊りでも、いや、どんな方でも、
腹筋背筋は大切ですよ~☆彡

こまめに自分が感じられる方法で続けましょ♡


メレは、もう何か月も踊り続けている曲。
でも、「もっとブラッシュアップしたい」
という皆様のご希望にお応えしました!

【今日のポイント】
■イメージするものを明確化する
■体全体を使って目線もつける

このメレでは…
■海辺に咲く花々だから、
   Pua(花)は胸の高さ位でいいね。
■ハワイのヤシの木って、
   どんなに高いんだっけ?
 それを見上げるってことは、
    もっと上を見たいよね。

フラは、歌詞の一語一語を
体全体を使って表現する
とても表現力豊かな踊りです。

初心者の方にとっては、左右に横移動しながら、
次々に変わるハンドモーションをつけながら踊る、
それだけでも大変だと思います。

ただ、そのメレが表現するものを
しっかりイメージして、表現することができれば、
Hula(フラダンス)としてもとっても素敵になるし、
踊っていても気持ちがいいものですよね(^^♪

因みにこの写真の動きでも、
腹筋背筋使いますよね。
やっぱり大事大事…


以前、別のクラスで同じお話しをした時のこと、
ある生徒さんがおっしゃいました。

「そういえば、うちの徳島の実家に、
大きなヤシの木があったことを思い出しました。
もう、その家も建て替えてしまって、
ヤシの木はもうないんですが、あったなぁって…」


フラを通して、自然の大切さを感じてほしい。
身近な自然の大切さも再発見してほしい。

それが自然大好きな私の切なる願いです。

私も、祖母の家にかつてあった、
大きな松の木を思い出しました。

その木はなくなっても、
思い出には残り続ける、
思い出の木、皆さんにもありますか?



by kahanahula | 2019-01-13 08:18 | フラを通して伝えたいこと | Comments(0)

いつも私のブログをお読みいただきありがとうございます。

フラダンサー・フラダンス講師の有島加花です。

このブログがきっかけとなり、東海大学系列の

「かもめの本棚」様から素敵なご縁をいただき、

私がフラを通して伝えたいこと、大切にしていること、そして、私のフラヒストリー、

それらをギュギュっと詰め込んで、電子書籍にしていただきました。

お読みいただけたら幸いです☆彡

フラは人生を豊かにしてくれるbyかもめの本棚online



今回のご縁をきっかけに、私が伝えたいことを、もっと伝えていこうと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

me ke aloha pumehana,

有島 加花


by kahanahula | 2018-12-29 01:51 | フラを通して伝えたいこと | Comments(0)

e0397681_15382401.jpg

フラダンス講師の有島加花です。
2018年フラダンスレッスン、全て終了です☆

今年、私のレッスンにご参加頂いた皆様に、
心より御礼申し上げます。

クラス通常レッスンは、クリスマス前に
全て終了しているのですが…
もっとやりたいよ~っという声にお応えして、
プライベートレッスン、グループレッスン。

最後のレッスンは、今年急成長を遂げたこの二人。

時には、キッズから大人まで、
初心者からダンサーレベルまで、
同じ曲もレッスンしたりします。

でも、今日のレッスン曲は、
私が認めた人しか教えない曲。
…っというよりも、Kapuaokalaniスタイルを
ちゃんと身に着けた人しか、
踊ろうと思っても、踊れない曲です。

だから、ちゃんと身に着けたように思われる
この二人でさえも、なかなか難しい曲でした。

結果…今日で終了ではありません。
一般の方が見れば、
「うわ~、こんなフラ見たことない!素敵!!」
っとおっしゃっていただけることでしょう。

でも、フラって、
曲の世界観を全身で表現するものなのです。
振りをまねただけでは意味がありません。

振りを自分のものにして、何度も踊り込んで、
研究して、また踊り直して…
そして、自分の作品にできる…かもしれない、
そんな一枚の絵のような芸術作品です。

その踊りに迷いがあるとき、
または、何の想いもなく踊るとき、
すぐにわかります。

見ているこっちもどう思っていいのか迷ったり、
何も感じるものがなかったり…

どんな世界でもそうだと思いますが、
その作品に対して、それに対する自分が
しっかりと向き合っていないと、
人の心は動かせないと私は思います。

今日のレッスンした二人は、
それを理解してくれて、何度も考え、踊り込み、
体から湧き上がるようなHulaを踊ってくれました。

益々磨きをかけて、ステージで披露する日が
楽しみでなりません!

特に今年後半、色々な生徒さんから、
もっとやりたいオーラ…どころじゃなく、
正式なご依頼を、たくさん頂きました。

本当にありがたいことです。

来年は、その熱意にこたえるべく、
一つ一つにじっくりしっかり取り組んでいきます。

そのため、ブログもHPも色々変更致しました。
この一年、じっくり考えて出した結果です。

自分にとって本当に大切なことを見極めて、
来年を過ごしたいと思います。

今年もお世話になり、誠にありがとうございました。
来年も益々よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください✨

有島加花




by kahanahula | 2018-12-28 16:07 | フラを通して伝えたいこと | Comments(0)