人気ブログランキング |

<   2020年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【読書日記】「海をめぐる対話 ハワイと日本~水産業からのアプローチ~」Dialogue over the sea Hawaii and Japan Fisheries approach 

【読書日記】「海をめぐる対話 ハワイと日本~水産業からのアプローチ~」Dialogue over the sea Hawaii and Japan Fisheries approach _e0397681_22184818.jpg

日系ハワイ人に関する学びがライフワーク、
自然大好きフラダンス講師の有島加花です。

大切に読んでいた本を読み終えました。

「海をめぐる対話 ハワイと日本
 水産業からのアプローチ」

協調と排斥の中
ハワイにおける
水産業を育てた
日本人の海の民の
歴史物語

“Dialogue over the sea

Hawaii and Japan

Fisheries approach”


A story of the Japanese people of the sea who fostered the fishing industry in Hawaii in the midst of cooperation and exclusion.


私が日系ハワイ人の学びをライフワーク

にする理由はただ一つ。



ハワイに修行に行き始めた頃、

みんなが見て見ぬふりをする中、

ひとり駆け寄ってきた女性がいました。



「私のおばあちゃん沖縄にいるの。

だから日本語ちょっとわかる。

なんでも聞いて。」



彼女のおかげで私はハラウで、

孤立せずに済みました。



長年、ロサンゼルスに住んでいる従姉妹は、

日系ハワイ人の皆様によくしてもらってます。



書きたいエピソードがいっぱいありますが、

書き切れないほど日系ハワイ人の皆様に

とてもお世話になっているので、

自然といつしかライフワークになりました。



ビショップミュージアムでも活躍される、

浅沼正和先生の日系人に関する様々な講座

をアロハプログラムを通して受講し、

実際にお会いして色々学べたことも、

私の正確で深い学びに通じています。



私にとって、この本は、今後の人生においても、

とても大切な一冊となりました。



ハワイに渡った、渡らざるを得なかった、

私たちの先輩である、日系人の皆様が、

どうやってそこで漁業を始め、コミュニティを作り、

出る杭は打たれるとばかりに、打たれ、立ち上がり、

戦争で船を海軍に奪われながらも生き抜いた、

史実と体験談に基づいた誰にでも読みやすい本です。



パールハーバーはなぜ、パールハーバーなのか、

もしかしたら、御木本(ミキモト)さんが、

ハワイで真珠養殖をしていたかもしれない

という事実も知りました。



ハワイのマグロ料理のポキは、やはり、想像以上に、

日系人の皆さんのおかげである料理であること、

そして、日本で作るとなんか味が違う、

その理由もわかりました。



ケクヒ先生が、なぜ、神社を愛してくれるのか、

日系人の皆様の中だけでなく、神社は、

ハワイの地に人々に根付いていました。



そして何よりも、日本の漁師さんの技術の高さ。

日系人の活躍をよく思わない人たちが、

日系人を排除すると立ち行かなくなった。

それくらい技術と向上心が高いのです。

排除されようが、不利な法案が何度通ろうが、

時に数年かかっても、乗り越えてきました。



このコロナパンデミックの中、

悶々とした日々が続きますが、

この本を読むと、大丈夫、

きっと乗り越えられると思いました。



膨大な参考文献と著者の小川先生が実際に聞かれた、

豊富な体験談の数々で作られたこの本が、

一人でも多くの皆様のもとに届くことを、

切に願っております。



私がフラを学び始めたころ、神話や歴史の本を、

ずいぶん探してきました。

しかし、中々真実に基づくものを、

探すことが困難でした。



それが悪いことではないのですが、

神話の本は生贄だらけで、先住民の本はとても極端…

美しく書かれた本は「これ、ちょっと違うような…」



今の時代は、本当に恵まれていると思います。

そして、その本を出版するにあたって、

どれくらいの努力があったのかと想像すると、

関係者の皆様には感謝しかありません。



フラを習っているいないに関わらず、

ハワイが好きな日本人の皆様には、

ぜひぜひ、お読みいただきたい、

私の中で今一番にオススメの一冊です!




更新を通知する








by kahanahula | 2020-05-12 22:18 | 読書日記 | Comments(0)

Hula Golden Week~母の日

自然大好きフラダンス講師、フラダンサー、
オアフ島Halau Hula O Pukaikapuaokalani所属、
東京・千葉でHalau Hula O Kapuaokalaniを主宰、
皆に支えられ代表の有島加花です。

大変お久しぶりなブログとなってしまいました。
申し訳ございません。

皆様、如何お過ごしでしょうか?
私はおかげさまで元気に過ごしております☆彡

とても色々なことが起きた3か月でしたね。
色々大変ですが、とてもいいこともありました。

Hula Golden Week~母の日_e0397681_18312292.jpg

現在、ハワイ校のオンラインレッスンに参加し、
クムと色々話し、プライベートレッスンを受け、
ハワイ修行中のような生活を過ごしております。

Hula Golden Week~母の日_e0397681_18312949.jpg

うちの愛娘も一緒に。

スタジオでレッスンができないのは寂しいですが、
クムとの距離が益々近くなったことや、
愛娘とレッスン中も一緒にいられることは、
感謝ですね・・・

私は約20年前に日本の素晴らしい先生のもとで
フラを始めました。
素晴らしい経験を積ませて頂いたのですが、
仕事との両立ができなくなり、断念。

その後しばらくして、今のクムに師事を許され、
クムのもとでフラを始めて10年が過ぎました。
いつも変わらぬ厳しさと愛で指導してくださる
クムに、感謝してもしきれません。

期待と責任が重みを増してきました。
きちんと継承し続けられるよう、
しっかり学び続けなければと、
初心に返ったHula Golden Weekでした。

クムとのことは、私はあまり書きたくありません。
生徒さんたちには折に触れお話ししておりますが。

これは伝承文化なので、
あまり、それをもって人を集めたり、
自分を誇示するものではなく、
真摯に受け止め、学び続けるものだと思うのです。

私はまだ修行中の身。
しっかり継承できるよう日々精進します。


クラスレッスンにつきましては、
オンラインレッスンで再開しております。
皆も私も期待と不安がいっぱいで始めましたが、
予想以上に喜んで頂き、ほっとしております。

ホームページに、皆様から頂いた声、
掲載致しましたのでご覧ください。



先日の母の日。
帰宅すると主人と息子からプレゼントが。


Hula Golden Week~母の日_e0397681_18314941.jpg
穂と書かれた紫陽花。
紫陽花は大好きな花。

その中でも大好きなダンスパーティーを
もっと大きくしたような初めて見た紫陽花。

ピンクの紫陽花の花言葉は、
「元気な女性」ですって。

息子が選んでくれたのは、
赤いカーネーション。

花言葉は「母への愛」

Hula Golden Week~母の日_e0397681_18315463.jpg
ずっと抱いて帰ってきてくれたそうです。
嬉しいな~

花は、ハワイ語でpua
ハワイの人は色んな花を大好きな人に例えて、
次々に素晴らしいMele(歌)を作ってきました。
Hula Golden Week~母の日_e0397681_18324227.jpg

この花をクムのお友達のホクが見たら、
どんな歌を作るんだろう。
ホクに見せたいな~っと思いながら、
ぼーっと見続けていました。

一つのお花の中で色々な表情のある花、
素敵だなあ。

Hula Golden Week~母の日_e0397681_18324900.jpg

ハワイは、ファミリーの絆がとっても深いので、
母の日も日本と同じように盛大です。

今、世界中のお母さん、大変ですよね。
そして、お母さん同然で
姪っ子やお孫さんのお世話をしている方々も、
プレママさんも…

日々頑張っているすべてのママたちへ
拍手と感謝を送ります☆彡
一緒に明日からも頑張りましょう♪

Happy Mother's Day♡





by kahanahula | 2020-05-10 18:29 | 気まま日記 | Comments(0)

フラダンサー、フラダンス講師、自然大好き有島加花のオフィシャルブログです。


by kahana
プロフィールを見る
更新通知を受け取る